結婚式の二次会ドレスの上手な選び方|花嫁が主役の場

新郎新婦

長く使うことを考えて

手

日常的に身に着ける

結婚指輪は古代ローマ時代に結婚した男女がリングを取り交わしたのが由来といわれます。現在神戸では指輪を身に着けることで結婚したことを公に示す印になっています。婚約指輪とは異なり結婚指輪は日常的に着けるものなのでシンプルで飽きのこない物が選ばれています。最近ではリングに石が埋め込まれた指輪が人気です。このタイプは引っ掛かりが少ないため日常使いに便利です。購入の時期は平均して挙式の4〜5カ月から検討を始めて3カ月前には決めている人が多いようです。また、既製品やセミオーダーよりもオリジナルで作るこだわり派が増えています。指輪の内側には挙式の日付けやイニシャルを入れたり、メッセージを掘りこむのが人気です。神戸では素材は男女ともにプラチナが多く、男性には石のないもの女性には石のあるものが選ばれています。

自分で作る

こだわり派のカップルのために最近神戸では自分で作る結婚指輪もあります。専門のスタッフがサポートしながら作るので品質もしっかりしています。また身に着けると花嫁が幸せになれるというサムシングブルーの言い伝えに習って、指輪の裏側にブルーサファイアを埋め込んだ結婚指輪は、密かに身に着ける隠れたお洒落が神戸で人気です。婚約指輪と結婚指輪を重ね着けできるようにデザインされたセットリングなどもあり、結婚指輪は素材も着け方も多様化しています。指輪のサイズが合わなくなったら購入したショップへ持参すると直してくれますが、デザインによっては直せないものもあるので購入するときに、忘れずに確認しておくことをおすすめします。